セフレや愛人が作れる出会いサイト・アプリ

出会い系サイトでのメールテクニック!好かれるメールと嫌われるメール


出会い系サイトでのメールテクニック

出会い系サイトを利用している時にメ-ルの返信が来なくなってしまいショックを受ける事は少なくはないと思います。相手からの返信率を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

自分の話ばかりしない

相手に自分の事を知ってもらいたい気持ちはわかりますが自分の話ばかりしていると相手が飽きたり疲れたりしてしまい返信がなくなってしまいます。自分の話ばかりするのではなく相手の話を聞いてあげましょう。

すぐに返信しない

話の流れにもよりますが、短時間でポンポン返信してしまうと相手も「すぐに返信しなくてはいけない」と感じてしまい気疲れさせてしまう事になってしまいます。ある程度時間を空けて片手間にメールのやり取りが出来る程度の間隔にした方がいいと言えます。

返信する時は疑問文で返信する

メールのやり取りをしていて会話がなくなると返信がなくなってしまいます。話題が変わっても大丈夫なのでメールの最後を疑問文にする事で返信しやすくしてあげてください。

聞き上手になる

出会い系サイトを上手に利用出来ている人に多いのが聞き上手の人です。誰でも自分の話を聞いて欲しいという願望があるので聞き上手になる事でスムーズに仲良くなる事が出来るようになります。

すぐに直メールをしようとしない

出会いってすぐにサイトを通さず直接メールしようとすると相手に警戒されてしまいます。直メを提案するのは一定レベル以上仲良くなって信頼を得てからにする事をオススメします。

相手を楽しませる事を常に考える

メールを続けたいと思ってもらうにはやはり「メールをしてて楽しい」と思わせる事が1番大切になります。自分の話や愚痴ばかり言うのではなく、相手にメールをしていて楽しいと思ってもらえるような内容を考えるようにしてください。

出会い系サイトでのメールテクニックは簡単に言えば「気遣い」だと思います。自分だけではなく、相手も楽しんでメールが出来るように心がける事で返信率を上げる事が出来ます。

好かれるメールor嫌われるメール

出会い系サイトを利用している男性はとても多いと思います。

ただ、なかなか女性に巡り会えないと思っている人もいるのではないでしょうか。そういった人に共通するのが嫌われるメールを打っているケースです。出会い系サイトの場合は出会いまでは基本的にメールでのやりとりになるので、メールがとても重要になります。ほかのライバルに勝って出会いにつなげるためには好かれるメールを打つ必要があるのです。そこで好かれるメール・嫌われるメールを学んで出会いの確率を上げる方法を紹介します。

まずは嫌われるメールからです。出会い系サイトのメールで最も嫌われやすいのがすぐに会おうとする内容のメールです。女性はいくら写メがかっこいいと思った男性でも、出会いには慎重になるものです。

そんな時に出会いを焦っているようなメールが来ると、女性は警戒心から引いてしまうのです。また、最初から下ネタな内容も嫌われやすいメールです。アダルトな内容の募集で知り合ったとしても、マナーがあります。女性はすべてピュアだと思って接しないと出会いのチャンスを逃してしまうことになります。

逆に好かれるメールはどんなものかというと、嫌われるメールの真逆です。つまり、出会いを焦らずに相手の会話に合わせてメールを送ることです。これができない男性が圧倒的に多いんです。

なぜなら、メールを送る時にポイント=料金がかかる場合が多いからメールを早く済ませたいと思って焦ってしまうからです。これを回避するには女性にメールするためのポイントをあらかじめ多めに購入することです。こうすることで、心に余裕が生まれて女性に合わせたメールをすることができるからです。

つまり、好かれるメール・嫌われるメールの差は出会いに焦っているかどうかがとても重要になります。ここに気をつけてメールをするだけで出会いの確率がアップするはずです。

プロフィール作成で注意すること

自分が良いと思う出会い系サイトを選び、そこに登録する時に自分のプロフィールを書く必要があります。

プロフィールを書くなんて面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、合コンやお見合いパーティと違い直接会って会話することが出来ない出会い系サイトでは、このプロフィールが出会いの最初の決め手になるので、ここは気合を入れて書きましょう。

自己アピールはとても大事です。ネガティブだったり自虐的な自己紹介はもちろん駄目ですが、あまり自分を大きく見せすぎるような嘘をもりこんでも後でバレて気まずい思いをするだけなので、自分を良く見せるように書くにもほどほどの加減が必要です。明らかな嘘になりすぎない範囲にとどめましょう。

そして、自己アピールが自慢の羅列のようになってしまっても、相手に自慢好きの面倒くさい人間と受け取られてしまいかねません。自慢のような印象をもたれない書き方をすることに注意しましょう。

探す相手への要望を書く必要もありますが、「優しい人がいいです」のような、自己申告なら誰でも当てはまるような要望はあまり意味はありません。あまり相手への要望を書きつらねても好みにうるさい人のような印象を持たれてしまうかもしれませんが、「これは重要!」と思う要望はハッキリと書いておいたほうが良いでしょう。そのあたりを曖昧にしたままにしておくと、せっかく相手が見つかってもハズれをひいてしまう確率が高くなってしまいます。

顔写真を登録できるサイトなら、なるべく登録しておいたほうが出会える可能性は高くなります。何枚か写真をとっておき、その中で一番写りの良いものを選んで登録しておくといいでしょう。写真を撮る時はキチンとオシャレをしておくことを忘れずに。